※以下は、塾長松谷が稲荷塾で講師を務めている時に、高3、高卒の1年間以上教えた生徒の合格実績です。(以下敬称略)

大学 学部 学科 氏名 出身高校
京都大学 経済学部   岡内 陸真 附属平野
京都大学 経済学部   SY 西大和
京都大学 文学部   糸川 とき 附属
大阪大学 工学部 応用理工学科 高萩 涼介 洛星
大阪大学 文学部   鈴木 理子 洛北
一橋大学 法学部   石井 直樹 高槻

 

 

京都大学経済学部合格 岡内陸真 附属平野高校

僕は高校受験をして高校に入ったのですが、中学の間は数学が全くできず、諦めて受験を迎えて幸い合格することができた身でした。
高校に入って1年生から東進に通いはじめて、教科書の問題レベルは解けるものの、模試や少し難易度の高い問題は安定して解くことができないという状態のまま3年生になりました。ちょうどその辺りの時期で志望校を阪大から京大に変えたので、なんとしてでも数学で点を取らなければならないという気持ちにさせられており、インターネットで数学に特化した塾を探していたときに稲荷塾を見つけました。見つけたその日にお話を聞きたいとお電話したところ、休日にも関わらずお話をしてくださると稲荷先生が仰ってくださり、すぐに伺わせていただき、今までの自分の話をさせていただいたところ、稲荷先生からこれからどのように勉強を進めるかなどの話をいただき、これからこの塾でやっていきたいという気持ちになり、入塾を決めました。
入塾して数週間は演習の授業に都合がつかず土曜日に稲荷先生に個人的に教わりました。その間に演習のテキストに加え、3年以前にやっておくべき内容を個人的に教えていただき、基礎から発展の橋渡しの部分を強化することができました。その後、演習の授業に合流することができるようになり、参加するようになりました。演習の授業では周りの人のレベルが高く、いい刺激を受けることができ、さらに松谷先生の授業は、先生が演習の問題に関連する知識などをどんどん話してくださり、とても密度の濃いものでした。さらに、実際の入試で解くという観点から、問題についてお話ししてくださり、この問題は当日捨てようなどと戦略的に入試問題にアプローチすることができるようになりました。
そして迎えた入試では手応えが全くなく、確実に落ちたと思ったのですが、異例の難化により意外とマシなんじゃないかなと思えるようになりました。
というのも、松谷先生が後半の授業で重ねて仰っていた最後の最後まで諦めるなと言うことを思い出して、全力を注ぎ、意地でも答えを合わせることができた問題がたった1つですがあったからです。あの問題を落としていたら、今この体験記を書くことはなかったと思います。結局出題された問題の運にも助けられたところは大きいとは思います。
いままでの成績がどうであろうと、稲荷塾の指導に従って予習復習をしっかりとやればそれなりのレベルには到達できると断言できます。後輩の皆さんも入試が終わる最後の瞬間まで諦めずに食らいついてください。
最後に、短い間ですが授業はもちろん、励ましの言葉をかけてくれた稲荷先生と松谷先生に心から感謝します。
本当にありがとうございました!

後輩へのアドバイス
数学 夏までに稲荷塾の2Bのテキストを2周すると、基礎はわりと固まる気がします。それから演習のテキストの復讐を徹底的にセンターまで復習して、さらに27か年をひたすら回すことが効果的だと思いました。
英語 なにかしらの単語帳を何周もすることがまず大事です。おすすめはダジャ単と英検準一のパス単です。
過去問のほかには伊藤和夫の英語総合問題集の上級と刀禰泰史のラストスパート英作文そして透視図がおすすめです。これらをやり込めば入試英語くらいは大抵どうにかなります。
国語 マドンナ古文と得点奪取古文が独学でやるにはいいと思います。古文は数ヶ月でどうにかなったので、まだ1年生とかの人は数英をやる方がいいのかなとは思います。
地理 資料集をひたすら見とくといいと思います。二次試験レベルの情報が載ってるので。教科書を読めと言われますが、地理に関してはあまり意味ないのかな?とは思います。内容が薄いので。京大地理は暗記量こそ少ないものの地理のいわゆる常識的なことをダイレクトに聞いてくることが多いので、知識勝負な点は否めません。納得できる地理論述の答えを丸覚えするのも良かったと思います。

京都大学経済学部合格 SY 西大和学園高校

僕は高校2年生の途中から約1年半の間、稲荷塾で数学を教えていただきました。僕は数学以外の科目はあまり苦手ではなかったのですが、数学は高校1年生の時に手を抜いていたこともあり、あまり得意ではありませんでした。そのため、数学の力を上げようと思い、数学を専門とする稲荷塾に入りました。
稲荷塾には年度の途中から入ったので、それまでの授業で扱われた問題を土曜日に解いて、稲荷先生に解説していただきました。また、演習Ⅰの授業では、高校2年生の時は稲荷先生に、高校3年生の時は松谷先生に教えていただきました。
稲荷塾の授業では予習で4問、授業時間中に5問位数学の厳選された問題を扱うので、1年半の間でもかなりの量の問題を演習することができたと思います。また、稲荷塾の授業では数学の各分野において体系づけて様々な知識を教えていただけたので、日頃あまりノートを取らない僕でもいつも稲荷塾の授業だけは取るようにしていました。取ったノートは後から振り返っても非常に役に立ちました。また、授業中と授業後は先生に質問を何回も出来るので、あまり行き詰る事無く数学の学習を進めることが出来たのが良かったです。
以上のように先生方が様々な工夫をなさっているので、稲荷塾の授業は1年間通うだけでも数学の力が大変強化されると思います。問題を解いていると、自分でも驚くぐらい問題を解く力が上がっていることを感じる時がありました。僕も入塾前は数学が試験の不安材料でしたが、試験では無事合格点を取ることが出来ました。特に、今回の入試の数学は一次試験も二次試験も難しかったので稲荷塾で学んだことが大変役に立ったと思います。また、他の教科についても先生から的確なアドバイスをいただけ、大変役に立ちました。
最後になりましたが、稲荷先生、松谷先生そしてチューターの先生方には大変お世話になりました。僕が合格できるように導いて下さり、本当にありがとうございました。

京都大学文学部合格 糸川とき 教育大附属高校

私は小学校4年生から高校3年生まで9年間も稲荷塾にお世話になりました。小学生の頃はスイスイ進むのが楽しく、友達もできたので毎週の稲荷塾が楽しみでした。私は入塾した時期が早かったこともあり中学1年生で数1Aに入ったのですが、急に数学がアラビア語かというくらい難しく感じ、だんだん勉強が億劫になりました。今でも鮮明に覚えているのは、高校生に混ざって三角比の授業を受けているときに稲荷先生にあてられ、問われている意味が分からず「単位円って何ですか?」と聞いたことです。隣の男子の嘘やろ、という顔が忘れられません。また、A会話で友達になった洛星の1つ下の子に「数学が苦手で…」と言われ、「大丈夫!私もできなかったけどだんだんできるようになるよ!」とアドバイスしたところ、次の週のテスト返却で彼の方が点数が良かったことがわかりました。他にも、稲荷塾の玄関に置いてある雑誌には私の写真が載っているのですが、自分の不出来が情けなくていつも目を背けるようにしていました。このように数学に関しては本当に出来なかった記憶の方が大きく、稲荷塾の帰り道悔しくて泣いたことも数多くありましたが、稲荷先生と松谷先生は最後まで私を見捨てずご指導して下さいました。松谷先生には、高3で受講した演習1のクラスでずっと答案を見ていただいたり、相談に乗っていただいたり、本当にお世話になりました。先生はいつも的確であたたかい言葉を下さいました。また、稲荷先生のアドバイス通り塾のテキストを一通りやり直したり、演習の復習をし続けたりしているうちに少しずつ問題が解けるようになり、センター後の1月にようやく数学が楽しいと思えました。そして稲荷塾にはもう一人、Carmeliaという素晴らしい先生がいます。A会話では洋楽でリスニングをしたり、ゲームで単語を覚えたり、とにかく楽しく英語を学ぶことをできました。また、話す聞く能力だけでなく、ペンギンリーダーズやラダーシリーズなど、英語学習者向けの洋書を多読したことで長文を読む力がつきました。
冠模試ではほとんどD判定だった私を合格まで導いていただきありがとうございました。今まで9年間本当にお世話になりました。

大阪大学工学部合格 高萩涼介 洛星高校

僕は高一の春に稲荷塾に入塾し数ⅡBから授業を受け始めました。数学は得意ではなく、学校のテストも平均点ギリギリくらいで、いい塾を探しているときに、偶然みつけて入塾を決めました。上半期の数ⅡBの授業にはなかなかついていけず、勉強習慣もついてなかったため予習もうまくまわらず、後期にもう一度数ⅡBの授業を受けることになるといった有り様でした。後期に入りある程度軌道に乗りはじめ、テキストの問題や小テストも解けるようになり、力がついていっているのを実感しました。稲荷塾のテキストの問題や独習数学の問題はどれも1問のなかに大切な要素が詰めこまれた学習価値の高いもので、しっかり取り組むことでかなりの力がつきました。演習授業では、本番の入試で一問あたりにかけられる時間を意識して演習ができたので数学の試験形式に早いうちから慣れることができ非常によかったと思います。
僕の数学の成績が安定してきたのは稲荷先生から高三になるときに今までのテキストの問題を解き直すように言われ、テキストをすべてやり直したあとでした。改めて解いてもまだ解けない問題もあり、一通り解き直したことで、自信もつき模試の数学の問題もかなり解けるようになりました。テキストの解き直しは是非やってください。
松谷先生に英語の質問や添削、相談にものってもらえたことで苦手ながらも英語の成績も伸びなんとか合格できるだけの力をつけることができました。
稲荷塾は数学専門塾ながら英語も教えてもらえ、チューターの先生たちに理科などの質問もできる素晴らしい塾だと思います。
稲荷先生、松谷先生 チューターの先生方本当にありがとうございました。

後輩へのアドバイス
僕自身が失敗しているのですが、基礎をおろそかにしてはいけません。基礎レベルの問題も解けないのに、周りの人がやっている難しい問題集をやっても力がつかずに時間かかるだけです。僕は焦ってそれに気がつかずに半年くらい棒にふりました。
それから最後の最後まで成績は伸びるので諦めずに頑張ってください。

一橋大学 法学部 石井直樹 高槻高校

中学受験は算数が原因で第一志望に不合格。中学の最初の定期考査では数学が学年で下から10番目。その後も数学は常に平均点-10点以下。もちろん数学は大嫌い。
 これが僕の中学までの状況でした。この惨々たる状況を変えて、一橋大合格まで導いてくれたのは稲荷塾に他なりません。
 高1の時に母の勧めで入塾した僕は、稲荷塾のレベルの高さに圧倒されながらも、土曜日の自習の時間などを活用しながら、それに食らいついていくことで徐々に成績を上げることができました。また、数学の基礎力も身に付き、これは受験の時の大きな支えになりました。
 演習の授業では高難度の問題に苦戦しながらも、一問一問に徹底的に取り組むという稲荷塾の方針に沿って復習を徹底することで入試問題で得点しきる力をつけられたと思います。演習のテストでは下の学年の生徒が高得点を取っているのは大きな刺激になりました。また、演習を通して培われた力は大きな自信になりました。このように稲荷塾で勉強しているうちに数学は自分の得意科目となり、定期考査はもちろん、冠模試でも(自分としては)かなり良い成績を取れるようになりました。
 本番では緊張しがちな僕があまり緊張せず臨むことができました。問題はとても難しく、終わったときには大失敗した、もう終わりだと思いましたが、後で予備校の解答速報などを見ると実際は合格レベルだったことが分かりました。これも稲荷塾のおかげだと思っています。どれだけ数学が苦手でも、この塾の指導通りにきちんと勉強すれば入試で勝てる力は十分つきます。後輩の皆さんもこの塾の指導を信じて頑張って合格を勝ち取ってください。
 最後に、稲荷先生、松谷先生、チューターの先生方、本当にありがとうございました。

後輩へのアドバイス
 科目別に書いていきます。
 数学:先生の言うように稲荷塾のテキストをとにかくやりこむ。新しいことをするより復習を優先する。過去問を徹底的に研究する(特に一橋受験者。100枚つづりのノートを使って解いていくとまとまっていてわかりやすいし本番も安心する。可能なら実戦模試などの解答用紙を使って試験形式で解くとよい)。
 英語:なんでもいいから単語帳をひたすら回し続ける。構文は英文熟考の上下巻を3周する。英作は表現集を作って書き溜めていき、添削をしてもらって復習。この繰り返し。
 国語:信頼できる人に添削してもらう。その先生と対話しながら添削を返却してもらうと理解が深まる。
 世界史:過去問徹底演習(特に一橋受験者)。教材はタペストリー(資料集)をひたすら読み続ける(これで偏差値60は余裕)。論述のある人は山川の「詳説世界史」を読み込むと差をつけられる(特に一橋受験者は難問が多いので、カール大帝、オットー一世などの中世ヨーロッパ史、近現代のアジア史、ヨーロッパ史を中心に読み込むとよい。ただし量が膨大なので注意)。論述は信頼できる人に添削してもらい、その先生とやり取りしながら進めていくとよい。赤本、東進など、解答が間違ってる場合もあるので要注意。
 歴史漫画やYou tubeの歴史解説動画、ドキュメンタリーを日頃から見ておくとものすごい得意になれます。
 どの教科でも基礎を徹底することが大切です。
 ここからは一橋受験者向けに書いていきます
 過去問を徹底的に研究してください。僕は2000年までの過去問は全教科しました。数学は良問を中心に何周でもやったらいいと思います。僕は3周くらいしました。