数3の単元テスト少し底上げ基調か?

松谷です。

数3の第2回の単元テストを行いました。

第1回目は1人を除いて高1生が軒並み討ち死にしていましたが、第2回はわずかに高1生の底上げがなされたかもしれません。

とはいえ、理系選択するとしたら不十分と感じる人については再受講を勧めることになるかなと思います。

トップの高2生の出来はほぼ80点だったので、立派な出来でした。

一回目のテストで、9点だった生徒で50点を超えた生徒もいたので、それは素直に頑張ったんだなと感じます。

このあたりになるとやや受験が近くなってくるので、逆算的に考え始めるところですね。

高い目標を掲げる人は今一度自分の取り組みを見つめなおして真摯に取り組んで欲しいなと感じます。

数3は浪人したらみんな伸びてることからもわかるように単純な努力ゲームです。

でも、その努力ゲームを現役のうちにしっかりこなして力を発揮することは意志の力が必要なのもまた確かです。

過去の諸先輩の奮闘が身近に感じられるように、東大京大合格者などの受講時の点数を参考に入れておきました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。