グッとやる気持ちと時間があれば単語は覚えられるはず。

松谷です。

一応僕としては、英単語はぐっとやる気持ちがあればだれでも覚えられると思っています。たとえ多少面白くないとされる単語帳による暗記だとしても。

実際、英語講座をとっている生徒のたいていは、3月末の授業スタートからゴールデンウィーク明けまでの期間で、シス単ベーシックなどの基本っぽい単語帳の半分前後くらいまで覚えた段階まで来ましたかね。

着実に毎週頑張ってきてるなと思います。英文法と並行していて、英文法は基礎スタートなら1冊ちょい、標準スタートなら半分前後進んでるということを考えるときっちり努力してると思います。夏前か夏休み中には、単語帳1冊と高校英文法一通りを学べるでしょうからきっとその先の学習の大きな土台になってくれると思います。英作は文法終わったあたりから適宜文法の復習がてら入れていきましょうかね。

 

ただし、人によっては単語を覚えたりするのはとても辛い作業であることは承知しています。

だから、逃げたくなる気持ちも理解しています。

いま、英語の個別フォロー講座のなかで、2人くらい単語を覚える時間をいろいろ言い訳してとってくれない生徒がいたんですね。

それで、まあ、何週間かなだめながら、モチベートしようとしながら様子を見ていたんですが、あーちょっと今は難しいのかなと察しました。

それで、彼らにはこちらから英語講座の終了の提案をしました。

僕的にはこのサービスがどれくらいの価値をもっているのかはまだわかりません。毎月8000円を投資してもらうくらいのものかはまだ測りかねています。

でも、一人一人の個別の状況を鑑みながら毎週すり合わせながら約束してやっていくというシステムなんですね。そんななか、やってこないというのは、少なくとも現在のその子にとっては親御さんがうちのシステムに投資する価値はないのかなあとも思います。

お互い時間の無駄になりますしね。

英語の勉強は別に1人でもできるとも思いますしね。その場合やりたいときに自由にやれる良さも間違いなくあると思います。あと優秀な子たちなので、こちらがある程度先を見越してやってほしいタイミングではなく、実際に本人が本当にやりたいタイミングが来たらやるんだと思うんですね。

だから、ある意味お互いのためかなと。

こんなネガティブなことを共有する必要はないのかもしれませんが、まあ本当にあったことですのでね!

また、これを糧に改善して前進していきます!

と、思ったらそのうち1人がなんとか覚えてきましたね〜。

今週で覚えられなかったらそこまでにしましょうといったので、覚えてきたという形ですが。。

そういうのは意味あるのかはわかりませんが。。。

たぶん1年くらいずっと見えない成績の蓋になってたであろう単語を覚えたことで、何か目に見えた変化が起こって、そこから自分の気持ちのなかに変化が起こってさらに根本的に行動が変わるといいんですがね。そうなるきっかけにはなる可能性もありますし、そうならないかもしれません。

何かの役に立つといいなと願ってます。

ちなみにこのまま1人ストップになった場合は、興味を持ってくださっていた方に打診しますね〜。(でも数学でかなり苦戦してる場合は数学を優先にしてもらうので、オススメはしません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。