違う学科なら学部なら受かってたけど…。

松谷です。

東大とか京大は全学部全学科同じ試験です。(文系と理系は別ですよ。)

そうなると、他の学部なら受かってたのに、、、という問題が発生します。

たとえば、

京大法学部を受けていたけど、経済学部にしてたら受かってたのにとか、その逆とか。(近年は経済の方が点数が最低点が高いことが多いようですが、法学部の方が難しいときもありますし)

東大理1志望の人が理2に出してたら受かってたのにとかいうのはめちゃくちゃあります。最近10点くらいは合格最低点が違うので、これはかなり頻繁に起こります。少なくとも50人くらいの身に降りかかっていることだと思います。

 

こういうことが起こると、その大学に行きたかったととても悔いが残る人もいますし、行きたい学部じゃなかったら行かないから関係ないという人もいるでしょう。

 

そんななか、今年の工学部受験者で、ある学科にどうしても行きたかったので、工学部で2個行きたいところを書けるのに2個目を書かないという暴挙?を実行した生徒がいました。

 

で、開示得点を見たら、ほんのほんのわずかな差で届かなかったのですが、2個目にどこか違うところを書いてたら受かっていたんですね。。。(数学理科6割、英語国語5割という感じでしたね)

どうせ行きたい学科じゃなければ受かっても行かないから意味がないんだと思います。本人的には。。。多分健全な感覚なんだと思います。

でも、塾としては、京大の合格実績が一つ消えてしまった。。。とちょっと残念な気持ちも感じてしまったり。。。

僕がただ欲深いだけですね。新参者の塾なので合格実績が欲しいと思ってしまうただの欲にまみれた人間なんだと思います。

くぅ、ちっさい人間だ!煩悩マンだな!ハハ!

結局僕自身の受験ではありませんからね。

世の中は選択の連続です。いくつかの選択はとても悩むものになると思います。

そんなときに、他人任せの選択ではなく、最終的に自分でどうするか決めた選択ならば、そのあとがどのような結果になったとしても後悔がないんだと思います。

 

とにかく、報告に来てくれてありがとうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。