数1A単元テスト結果

松谷です。

昨日は数1Aの単元テストでしたが、さっそく採点してみました。

まだ、二人受験していないので、暫定ですが。

平均は54点でしたね。だいたい50点が高1全統模試で偏差値70くらいのレベルですから、まずまず良いんじゃないかと思います!

7割の人が50点を超えていました。こんなことは普通はありえないと思うので、12人前後の少人数クラスの成せる技でしょうか。それともたまたまある程度やる気がある人が集まったのか、新しい塾だから自然にそういう人が選抜されたのか。それはわかりません。

もしや僕の教え方がいいのか!残念ながらそんなわけはありませんね。

点数的には割と団子で突き抜けた人はいなかったのは課題だと思いますが、80点を最高点として50点以上結構取れていたので、みんなまずまず良い取り組みができているのではないでしょうかね。点数的に不十分だった人もここからの取り組み次第でぐいっと変わる可能性を感じる結果ではあったので、期待したいと思います。

そういえば、このクラスはめちゃくちゃ学年が多岐にわたっているんんですね。最高点は文系の高2の子でしたが、中1~中3の子がコンスタントに50点以上とれているのも結構立派なことだなと思います。

高1の子もお尻に火がついて頑張ってくれるんじゃないかと期待したいと思います!

 

ちなみに、僕は、数1Aの二次関数と数と式をなんとか乗り切れたなら、あとは高校数学なんとかなるんじゃないかと思っています。もちろんもっと難しいとされる分野はありますけれど、ここを乗り切ればかかる時間の差はあれどある程度のところに到達するんじゃないかなと。

そんな気がしています。

ちなみに、もし順調に行って、大方の人が数1Aから数2Bにうつったら、数1Aクラスが結構少なくなりますかね。まあまだわからないか。

あっ中学数学クラスで半年で数1Aに行きそうな人が何人かいますね。その子たちを加えたらまあなんとかなるか。

まあ先が完全に読めないのが開塾したての塾ならではですね。おもろおもろ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。