英検1級の過去問を生徒用に購入してみた。

松谷です。

趣味と実益を兼ねて本屋によって適当な本を買うんですね。僕の場合は丸善でしょうかね。

で、今日はこんな本を買ってみました。

僕の英検とのかかわりは、

個別指導塾の教室長時代に、英検準2級~2級などの面接官役をしてあげたことと、英検準1級受けたい人にアドバイスしてあげるために1年分くらい解いたところが最初のかかわりでしたでしょうか。30歳くらいまでは受けたことも問題内容も知らなかったと思います。

その後、4技能試験が導入された場合の研究用と、自分の興味から、たまたま英検1級を2年くらい前にとったんですね。でもそのときは、過去問自体は購入していないんですね。英検の公式ホームページに3回分くらい無料で落ちてるので、それを見てやっていました。解答もついてますし。

解説が必要な英作文とか面接などの対策には、英検1級面接大特訓という書籍と、英検1級英作文問題完全制覇という書籍を購入しました。それ以外には、パス単という単語アプリを購入しましたね。

割と自分が不安かなというところをピンポイントで埋めていく作業をしていたので、安あがりで済ましていました。たぶん合計で5000円くらいですかね。

でも、最近生徒で、英語受講の生徒で、英検1級のアドバイスが必要そうな人がいましたので、生徒と一緒に解きながら何か具体的に弱点を見つけてアドバイスができるかなと思って過去問を購入してみました。プリントだと使ったらすぐ捨てることになりますが、書籍だと教室の財産にもなりますしね。

英語受講については、あまり型をバシッと決めているわけではないので、結構やることが多岐にわたりがちですね。今7人受講してもらっていますが、これはあまり増やせるものでもない気もしています。実際には、生徒が受講から卒業したら入れ替えみたいな感じでしょうか。ビジネス的な広がりはすぐには見えない形ではありますが、僕の知見の広がりと、将来の英会話クラススタートのための礎になればいいなとなんとなく思います。

生の生徒を目の前にして、英語のアドバイス力を鍛えるチャンスがもらえるのは大きいですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。