なんとなく理科の独学でやる場合の参考書を紹介

松谷です。

高1の子に理科の学習について聞かれたので、

なんとなく理科を独学でやる場合の参考書を紹介してみたいと思います。

チューターの先生などが良く使っていたり、一般にいいと言われていて実績がある程度出ているやつの紹介ですね。

高3生向けというよりは、高2以下の方向けですね。

理科のおすすめ参考書

もし、独学でやる場合は通常の受験生よりワンテンポ早めに進めておくと自信が持てていいなと感じます。

具体的には、上記の入門レベルを高1中に、標準レベルを高2中に終わらせていればかなり自信が持てるんじゃないでしょうかね。

まあこういう勉強法って昨今どこもかしこも紹介してはりますので、まったく目新しくはないですが、なんとなくの全体像を早めに知っておくというのは有効なのかなと感じます。(youtubeとかいろんな塾のHPでも紹介してあると思います。)

別にどこか塾や予備校に行くことを否定もしておりません。

それぞれの可処分時間やリソースの中でベストな選択をして欲しいと願っています。

なんか一人くらいの実験的な希望者に理科コースとか作って勉強してもらうとかいうのも面白いかな。自分もわずかにワンテンポ先に勉強しなおしてみたいな。はは、素人に毛が生えているくらいだからだめだな。無責任すぎるな。だめー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。