洛南中は学年による進度差が大きい

松谷です。

洛南中は学年による進度差がすごく大きいようですね。

いまの中2の子は多分中2の秋過ぎくらいまでをかけて中学数学を終えて、そこから高校数学に突入していくというくらいの進度で動いてるようです。

一方で、中1の子は正直かなりハイペースで進めているようです。5月の中間テストのテスト範囲が、三元連立方程式とかそんなとこまでになってましたからね。

ものすごい差です。

1学年2,300人規模の多様な生徒がいる学校としては信じられないスピードでやっているなと感じます。中1の子はへたしたらほとんど、中1で中学数学終えてしまうんじゃないかってくらいの勢いでの授業ですね。

うーん。結構な進学塾のスピードですね。うちも中1のベースのスピードはそのスピードですしね。マックス半年で終えることはできますが。

うーん、一部の生徒には無理があるような気がしますが、、。小学校から内部進学の苦手な子とか、中学受験組でも国語とか社会とかに特性があって算数系統が苦手な子とか無理ですよね。普通に。

 

そういえば、洛南小も学年によって進むスピードがだいぶ違うなという印象です。

小6の子はかなりゆっくりな進度で進めているそうなのに対して、小4だったか子からかなりスピードアップして学習してるそうです。

 

うーん、いろいろ実験中なんですかね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。