文系か理系かどちらがいいのか?

松谷です。

タイムリーに今日文理選択の話が2件ありました。

そして、今日では文系ではなく理系にするべきか?

という感じのトーンの議題でしたでしょうか。

 

よく言われるのは、理系の方が就職に有利だ、文転はできるが理転は難しい、理系の方が平均生涯年収が高い、理系の方が手に職を持ちやすい、理系でも文系就職できる。

などでしょうか。つまり、理系の方がいいという世論がメインだと思います。なんとなく。世の中の文理選択の2/3が文系、1/3が理系とかだった割にはマイノリティに栄冠を与えてるわけですね。

 

まあ、ぼく個人的には、好きに選べばいいと思います。

 

将来的な職業や興味がありそうなところ、興味がありそうな学問が割とはっきり見えてるならそこを目指しておけばいいと思います。

 

理系が偉いとか文系が偉いとかはありません。

 

京大も東大も定員を考えると、文系の方が入りにくいのかな?くらいな気もしますしね。

もちろん数学塾なので、理系の方の方が数学の勉強が質、量ともに大変でしょうし、その分需要もあるんじゃないかと思います。

でも、生徒が文理を選ぶ場合は好きにしたらいいと思います。

 

数3ですか。

うーん、学年が早いなら文系でも数3を学べばいいと思います。高2以上なら数3は学ばなくてもいいかなと思います。

ちなみに1人の子は、英作文の

「文系は今日の世の中で重要性を失ったか?」

という課題について、noの立場で理由3つ挙げて書いてましたね。

なかなか説得力あること書いてましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。