生徒の駿台全国模試結果などを見た感想

松谷です。

ここ数ヶ月で模試の結果などをいくつか見ることがありました。

特に印象に残ってるのは高1,2,3の駿台全国模試でしょうか。

数学の偏差値が70くらいとかそれを超える人については塾でもかなりできるなという印象をもってますし、80前後くらいの人はめちゃめちゃ力ある人だなっていう印象です。

58〜65くらいの人は、しっかり積み重ねてる人だなという印象で、そういう積み重ねが本番に実は花開くというのも経験上感じます。

50〜58くらいの人は、まだ模試というフィールドでベストを出すまでは行ってないんだと思います。時間配分をミスったり応用的なところに踏み込みきれなかったり致命的なミスを犯したり苦手分野でがっつりもってかれたりとかいう感じでしょうか。でも、これも実際は芽が出るまでの最後のワンピースが揃ってないだけみたいな印象の人もいますし、いちがいには言えません。

受験という期間内に到達する最高到達点は個人によって違うと思いますが、自分なりのベストのところまで上がれるようにプッシュしたいと思います。

模試はあくまで通過点ですからね。そこから何かを受け取って力に変えていくだけだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。