数2B最後の単元テスト結果

松谷です。

数2B最後の単元テストを一昨日実施しました。

今回はいつもの微積に加えて統計もテスト範囲に加わったので、範囲が広がったことでどうなるかなと思いつつ。。。

つい先ほど採点を終えたのですが、

結果はというと、

受講12人の平均が53点、50点以上が8人(最高点76点)という感じでした。

12人中9人が数3に上がり、3人が2Bに残るんですが、ある程度自信をもってそれぞれの次の講座に進んでもらえれば良いかなと感じました。かなり良い点数だったけれど、文系確定の高1の子で数2bをもう1度やってもらうみたいなケースもありましたね。

このテストで平均点53点などというのもまた、正直見たことがない点数なわけで、範囲が広がった中だったので、全生徒が一人も辞めない中で良く頑張ってくれたと感じました。

一般に数2Bは数1Aより点数が取りにくいわけで、数1Aで50点くらいの人が30点くらいに落ちるというのが通例です。8割以上の人が1回目受講の中でこの平均点というのは、講師としては生徒を褒めないわけにはいきません。

これがまた、僕の中で、生徒の力量を見るときのうちの塾の基準となりました。すごく高い基準になった気はしますが、後輩はこれを目指し、さらにこれを超えていけるようになればいいなと思います。

 

半年間受講お疲れさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。