講師も生徒に対して本気だけど当然親も子どもに対して本気である

松谷です。

僕は僕なりにではありますが、僕の限界まで本気で生徒に向き合って精一杯サポートしようと全力を尽くしたいと思っています。

基本的に人と比べるものではありませんが、誰よりも本気で精一杯やろうと思っています。

しかし、最近親御さんとお話しして、あー親御さんもこちら以上に子どもに対して本気でなんとかしたいと考えてるんだなと感じる場面がありました。

 

まあ、当たり前といえば当たり前なのかもしれません。親が我が子のことに本気なのは。

でも、改めてそう思いました。

それでも親がなんとかできない領域があって、そのときに誰かに頼りたいと思って塾に頼ってくださるのだなと。

そんなとき、僕のまつたに数学塾の最初のイメージである、

「親がしてあげられないときの最良の代替案」

を体現していきたいなと思います。

 

しかし、それでも塾の合う合わないはあると思います。

そのときに誠実に正直に伝えて、その子の最善を考えてあげられるような存在でありたいなと思います。

死にそうでカツカツな経営状況だったら何か魔が差して全然合わない子もどうぞどうぞと言ってしまいそうな気もするので、そうならないように頑張っていこうと思います!

でもたいていは合う合わないはやってみないとわからないんですけどね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。