不安だった門出を応援してくださった人たちに応えたい!

事業の最初って不安やわくわくがないまぜになった気持ちですよね。

僕も40歳間近という中でも、稲荷塾という環境の中で甘えさせてもらっていた中で、ついに旅立つ日が近づいてきています。

あと稲荷塾で勤めるのも2か月半くらいです。

何ももたない自分ですし、正直、どれくらい生徒さんが来てくれるかもわからず、0人スタートかもしれないと思ってもいました。

しかし、そんな中私は僕は応援しますと言ってくださる生徒さんや保護者さんがいて、

本当にありがたいと心の底から思いました。自然と目頭が熱くなりました。(泣いてたかもしれません笑)

そんな気持ちを風化させてしまわないように、一人ひとりとしっかり向き合ってその方々の期待に応えられるように頑張っていきたいと思います。

まず、生徒の椅子を決めないと。。

生徒用は背もたれがあるものにして、チューターの先生の席は向きを変えやすいように背もたれがないものがいい(何なら回転してもいい)というアドバイスを稲荷先生としほちゃんにもらったので、そんな感じでかつリーズナブルなやつを選ぼうかなと思います。

自分の椅子も生徒の椅子と一緒でいいか。

ちょっとずつ前進前進。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。