子曰く、三十にして立つ。 四十にして惑わず。

松谷です。

孔子の論語の中にこのような言葉があるそうです。

『子の曰く、吾れ 十有五にして学に志す。 三十にして立つ。 四十にして惑わず。 五十にして天命を知る。 六十にして耳順がう。 七十にして心の欲する所に従って、 矩を踰えず。』 (為政編)

意味は、

わたしは十五歳で学問に志し、 三十になって独立した立場を持ち、 四十になってあれこれと迷わず、 五十になって天命(人間の力を超えた運命)をわきまえ、 六十になって人の言葉がすなおに聞かれ、 七十になると思うままにふるまって、 それで道をはずれないようになった。

といったような感じだそうです。

今日が誕生日で、自分は四十になるようですが、、

四十にして惑わず

ではなく、

孔子がいう時の流れより10年遅れて、

四十にして立つ

といった感じですかね。。

 

でも、10年遅れてるだけあって、気持ちは30歳くらいなんですけどね。。汗

 

まあ、人と比べても仕方ないですし、ましてや孔子と比べても仕方ないので、少しでも周りの人の役に立てるように自分なりに生きていきたいと思います!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。