苦手分野は分野集中学習でマシになる

松谷です。

苦手分野があったら、それは休みとかを利用した分野集中学習でかなりマシになります。

高校数学の各単元の学習ってある程度のところまでに達するのって10時間くらいですし、結構深いところまでやっても20時間くらいです。

であれば、なんとなく苦手だなという意識を引きずり続けるのではなくガッと一気に学習して分野の全体像を把握して、あー結局これとこれとこれをするくらいしかないのねと理解してしまえばいいとおもいます。一気に学習するなかで、その分野のなかでも特に間違いやすいとか理解があいまいなところも見つかるでしょうし。

まつたに数学塾で使う稲荷塾のテキストと独習数学は最短で上記を実行できるものの一つですし、もし、苦手だから問題量的にも問題バラエティ的にももう少し当たっておきたいというなら同時に学校で配られてる問題集などもやっておけばさらになんとなく持ってる不安が払拭されるのではとおもいます。

 

共通テストとかで弱いところをその大問だけやるとかも有効ですね。

それは数学に限らずね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。