今年は受験生については演習1を担当中です。

松谷です。

今年は稲荷塾では、高3生が在籍するクラスとしては演習1を担当中です。

 

演習1は文系の生徒と、理系の場合は、阪大や神戸大などを志望する生徒や、東大京大であっても、東大京大の難しい問題に立ち向かう前にまずステップを踏もうとする生徒が主な対象になっています。人数も演習2などよりは少ないです。

演習2と演習数3を担当してない分、去年より担当する受験生の数は半分以下です。

それでもやっぱり人数や難易度というのは関係ないですね。

ただ、ただ、ひたすらに担当する生徒の出来に一喜一憂しながら、彼らの幸せを願っています。

幸せが何なのかはわかりませんが、合格を願っています。

自分が無力なのは分かってますが、それでも返却答案の中に少しだけ念を込めて0.1点になればなと思っています。

来年はもちろん、演習1,2,数3担当しますし、毎年同じようにハラハラするんだと思います。

まあ、僕大吉ですしね!!!

それに、稲荷塾の生徒は本番強いですからね!

もちろんうちの塾もそうです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。