理科と英語について

松谷です。

今日は面談開始日でしたが、結構理科のことを聞かれました。受験勉強の一環として。

で、ぼくは勉強の全体像は理解していると思いますし、参考書などの知識もありますので、だいたいの計画もアドバイスできると思います。

しかし、大きな弱点があるわけですね。

それは細部の知識が抜けまくってるということです。

 

まあ、スーパーチューターの先生たちがどんな質問にも答えてくれますよ!と宣伝するわけですが、チューターの先生に押し付けてばっかりでなくて自分もわかっておきたいなあと思ったわけですね。

ちょっとした質問に答えてあげたいのでね。

しかし、難系や新演習をいきなり解くことはできないので、基礎からやらないといけないわけですね。。。う~ん、塾が落ち着いてからですね。。。

 

あと、英語の講座についてなんですが、ちょっと自分としては多くなりすぎていて責任をもって見れる範囲を超えてしまいかけてる気がしますので、いったん今聞いている人でストップしたいと思います。同じ内容が利用できるなどで楽になる場合は別かもしれませんが、今はちょっと分からないので。密かにご期待いただいていた方についてはすみません。

アドバイスなどはいくらでもしたいと思いますので!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。