共通テストの予想問題を興味で購入

松谷です。

昨日、映画を見たあと、

なんだか遊びすぎたかしら?子供の面倒見ないで一人でこんななんさせてもらっていいのかなと思って、あとからちょっと罪悪感が、ちくちくと。

それで、そのあとに本屋をぶらぶらしていたんですね。

で、なんだないろんな本が並んでたので、こんなんを買ってみました。

この前ちょっと共通テストの数学のコツを聞かれたんですね。

そのときは、まあ普通のadviceをしたんですね。

まずは、今の方向性の共通テストだったら、二次試験でも解けるような力を蓄えていくのがまずはベースになる。

そのうえで、ちょっと問題の形式が特殊な面もあるからそれに対する慣れも必要である。(もう1回同じ作業をさせられるところとか)

特に、スピード不足に陥る場合もあるけれど、それは、まず一回解き終わって解き方とかを理解したものを使って、もう一度時間内に解けるか試してそのうえで全部解き切るのに必要なスピード感を体感することも結構大事。(場合によっては捨てるのも大事)

あとは、頭だけで考えすぎず鉛筆を書き出すまでの時間をある程度短くして、多少書きながら考えたりした方が良い。

なんてことをとりあえずアドバイスしました。ほかにも細かいコツでいえばいろいろありますけどね。

 

で、まあ聞かれたこともあったし、タイムリーだし、去年の共通テストの難化を受けて、各社がどんな感じの問題集を出しているのかが少し気になったので買ってみましたとさ。駿台と河合とZ会のとりあえず数1Aを中心に。

あと、自分でこういうのいちいち買うと高くなったりもしますし、塾生で使いたい人いたら使ってもらえるかなとも思いますしね。(塾生はコピーは自由にご利用ください)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。