北野の子文武両道がち

松谷です。

稲荷塾で、結構北野の子を見るようになってものすごく共通点があるなと思ったんですね。

それは、まず部活にかなり力入れがちということですね。

たいていなんかのスポーツ系の部活などで一生懸命やっている人が多いですね。

さらに、その影響もあるからでしょうか、最後に追い込む馬力がありがち。男子でも女子でも最後の馬力がありがちです。体力があるからというのもあるでしょう。

なんか聞いた話では、北野高校の生徒は、二重飛びを男子は50回、女子は20回(連続で?)できるまでずっと補習が続くらしいです。受験学年であろうと達成してないと続くらしく、なんと常軌を逸したシステムだろうと思いましたが、そこから馬力が出てきているのかもしれませんね。。

というか、私立だと、本当に運動不能の人がいると思うので、それに比べるとオール5の人たちが集まっているからたいてい運動も得意なのかもしれませんね。

文武両道という感じでしょうかね。

あとは、生徒の最低限のレベルが高いというように感じました。粒がそろっているというかなんというか。

上限は同じくらいなんでしょうけど、堀川とかが結構学校内の差がえぐいことになってますが、北野の子は下の方でも結構できるというように感じます。

まあ数人の稲荷塾生を見ただけなので、何らかのバイアスがかかっているかもしれませんがね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。