令和7年度の新課程の共通テスト情報

松谷です。

令和7年度の共通テストの検討状況が大学入試センターのサイトに出ていました。

今までと大きくは変わらないようですが、

令和7年度以降の試験に向けた検討について|大学入試センター (dnc.ac.jp)

数学に関するところを抜粋すると、

・数1A  70分 (図形の性質、場合の数と確率2問とも必答)

・数2BC  70分 (数列、 統計、ベクトル、平面上の曲線と複素数平面 の4つから3つ選択に増えるに伴って60分から70分に。)

・11月9日くらいに試作問題を作成

・今年中くらいに各大学が共通テスト利用科目を告知

ということでした。

他にも、「情報」のこととか、変化の激しい「地歴」のこととかが書いてありました。

数2BCは、文系の人にベクトルを学ばせないのはありえないという圧力を誰かがかけてくれたのかもしれませんね。

ということで、塾のテキストは、統計を加えた今のテキストで大丈夫な気はしますね。

さすがに文系で、平面上の曲線と複素数平面を選択する人はいないような気がしますね。。重すぎるので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。